株式会社mediVR


 <事業内容>

株式会社mediVRではVirtual Reality等の映像化技術を応用した医療機器、医療システムの企画、開発及び販売を行っており、現在特許第6200615号/特許第6425287号/特許第6531338号/特許第6710845号/特許第6714285号技術及び人工知能技術を用いて運動リハビリテーションを個々の患者に適した形で提供するプロダクトの開発を行っております。

 <講演動画>

2020年6月24日に亀田総合病院で行われた講演動画になります。

約50分の講演です。

2018年10月15日に行われた

1st Well Aging Society Summit Asia-Japan

での講演動画になります。約6分の講演と、30秒の質疑応答が視聴可能です。

※プレゼンテーションは英語で行われています。

ダウンロード
講演スライドのダウンロードはコチラからお願い致します。
Presentation_1st_WASS_20181008.pdf
PDFファイル 731.1 KB

<特許技術に関して>

弊社では下記に示す特許技術を用いて競合他社が参入できない製品の販売を行っております。

特許第6200615号:患者のリハビリ達成度に応じた目標の再設定、及び二重課題型のリハビリテーションを提供する技術を請求項に記載。

特許第6425287号:3次元空間でリハビリを行う際に距離の測定精度を保ったまま目標物の視認性を確保する技術を請求項に記載。

特許第6531338号:Sensory ConflictによるVR酔いを予防するための技術を請求項に記載。

特許第6710845号:3次元空間において安全にリハビリテーションを行うための技術を請求項に記載。

特許第6714285号:マルチチャネルバイオフィードバックシステムによって脳の再編成を促す技術を請求項に記載。


<mediVRカグラ導入 or デモ機設置施設(体験可能)>


<チームメンバー>

【代表取締役社長】

原 正彦(はら まさひこ)

2005年 島根大学卒業

循環器内科専門医

認定内科医 

ResearchGateで確認

LinkedInで確認

Twitterで確認

 

【取締役】

玉城方丈(たまき まさたけ)

 

【外部取締役】

柿沼太一(かきぬま たいち)

大下創(おおした はじめ)

佐藤太郎(さとう たろう)

  

【特許戦略顧問】

加藤卓士(かとう たかし)(加藤知的財産事務所 所長 弁理士

 

【顧問弁護士】

長尾卓(ながお たかし)プロコミットパートナーズ法律事務所 代表弁護士

 

【資本金】

1億6614万円(設立 2016年6月14日)

 

【取引銀行】

三井住友銀行

ジャパンネット銀行